本日、伊豆修善寺へUターンしました。

 東京自宅で1泊して、再発行されたJCBカード、健康保険証、健康保険高齢者受給者証(どうせ3割負担なので必要ないと思うのだが?)、運転免許証を持参して本日、伊豆修善寺へ大手を振って正午過ぎに戻って来た。これで僕が僕である証を自分も含め世の中の全て者に示すことができる。
 今の時期、拙亭は正午を過ぎると日陰になるため、依然として日陰者であることに変わりはないが、右も左も決して真っ暗闇ではありません。正面の山肌は燦燦とお天道様の光が降り注ぎ眩しいくらいです。昨日まではお天道様に背を向けて歩く馬鹿な男でしたが、今日からは違います。恥ずかしながらも、何とか世間様に顔向けできます。

 なお、東京自宅では庭に次郎柿、蜂谷柿、冬みかんがそれぞれ枝もたわわに実っていたが、その内、まだ、熟していない蜂屋柿を少し収穫して伊豆へ持参した。これは得意の干し柿にするつもりである。早速、川向こうの畑の近くで棕櫚(シュロ)の葉を切り取って来た。明日、皮を剥いた柿をこのシュロの葉で結んで縁側の軒下に吊るす予定である。

本日持参した蜂屋柿

シュロの葉

これはハワイから戻った際に(11月6日)に持参した次郎柿

先月、ラフォーレ修善寺CCで失敬してきた花梨 : 色付いてきて、いい香りがプンプンします。

拙亭前の花の咲いたブロッコリー : 勿体ないので食べます。美味しいですよ。

キャベツがそれらしくなって来た。

同上

キャベツは全部で20株

白菜は虫食いだらけ、何しろ完全無農薬です。

白菜は拙亭前の畑に20株、開墾地の畑に45株

棚田の畑のほうれん草 : 今が旬

時間差攻撃のほうれん草

里芋はあと7株残っている

正月菜

棚田の畑の大根

大半がこんな状態

棚田の畑もPM2時頃になると日陰になる

川向こうの畑は、日当たりが良く、PM3時を過ぎても燦燦と陽の光が注ぐ

トンボも陽だまりで一休み。気持ちよさそう

川向こうの畑の土手に自生する野蒜(のびる)

本日の夕食 : ブロッコリーもここまで満開に咲いちゃうと食べない。でも、観賞用にはなる。

明日、伊豆修善寺へ帰ります。

 本日、鮫洲運転免許試験場で運転免許証が再発行されたので、明日の午前中に伊豆へ帰ります。今日は伊豆を未明のAM3時頃に出発し、暗闇に紛れ、人目を避けながら、こそこそと東京自宅へ戻ってきたが、明日は堂々と、明るい日中に伊豆へ帰ることが出来る。これで、パスポートを除き、盗難に逢ったカード、健康保険証、運転免許証が次々に再発行された。したがって、ゴルフはやろうと思えばいつでもできますよ。先ほど、伊豆国際CCの支配人が東京の自宅までわざわざ電話をよこし、「メンバーズカードも再発行しますよ」と言ってくれたが、それは財布の中に入っていなかったので、無事だったと伝えた。メンバーズ仲間が心配していたらしい。肝心のパスポートはまだだけど、年内にやりたいと思っている
 ところで、鮫洲運転免許試験場は立派になりましたね。今まで、運転免許の更新手続き等は府中運転免許試験場で行ってきたが、次回からは鮫洲でやろうと思う。何しろ、駅から近く、徒歩8分だもんね。また、施設がすっかりリニューアルされ、1階と2階との往復は中央の吹き抜けに設置されたエスカレータを利用することが出来るので年寄りには有難かった。さらに、1階と2階の相方には喫煙ルームが備えられて、喫煙者にとっても優しかった。2階には食堂もある。ラーメン、カレーライスセットが670円で安かったが、味は今一だった。再交付手続きは申請書の提出から発行まで約1時間要した。手数料は3,500円でした。

明日、東京へ帰ります。

 今日は朝から小雨が降ったり止んだりのすっきりしない天気だった。したがって野良仕事はお休み、なお、タイで盗難に遭ったカード(JCB)が、早くも再発行され東京自宅へ届いたので、明日(20日)の早朝、東京へ帰り、カードを受け取り、翌日(21日)、伊豆へUターンする。要望の梅干(5ℓ)は持参しますよ。
 ところで、今月のゴルフは全て断った。実は明日、伊豆国際CCで若樹会が行われる予定だが断った。21日は農園ゴルフ、これも大変申し訳ないが断腸の思いで断った。さらに27日の三島CCのコンペも断るつもりである。なお、先ほど安良里マリンの先生が沖縄県、宮古島から電話連絡して来た。25日に伊豆へ戻るので、またやりましょうとのことだった。僕は今月一杯、謹慎中なので来月になったら一緒にやるつもりだ。お互いに話のネタに事欠かないので楽しみだ。

野良仕事再開

 昨日(17日)、注文していた玉葱苗(中晩生種ネオアース)100本が届いたので、早速、川向こうの畑へ出て、あらかじめ用意していた畝に穴付きの黒マルチを覆い、植え付けた。なお、今週中に同じく、晩生種 もみじ3号 (アサヒ3号)100本が届く予定なので、此処には計200本の玉葱苗が植え付けられる。なお、棚田の畑には既に極早生100本、赤玉ねぎ100本を植え付けたので全部で400本となる。
 午後から、棚田の畑の里芋を5株掘り起こした。畑にはまだ5株残っている。この辺りの降霜は翌年1月以降なのでまだ慌てることはない。さらに夕方には公道に面した開墾地土手の草刈りを行った。

玉葱(ネオアース)120本を植えた。左側手前はニンニク苗

収穫した里芋

開墾地のおでん大根の中に紅(紫)大根が混じっていた。確認したのは今のところ、この1本だけ。

今朝の畑の様子

今日は朝から澄み切った青空が広がり、小春日和というよりむしろ小夏日和と言っても差支えない陽気だった。

雲一つない青空が広がっていた

庭の山茶花

せんりょう

蠟梅の花芽が膨らんできた。

庭の金柑

縁側先のみかん

沢のわさび

開墾地の畑

同上 : 白菜

同上 : 白菜でもなく大根でもない、何だろう?

同上 : おでん大根

同上 : ほうれん草

同上 : 春菊

拙亭前の畑 : レタス

同上 : ブロッコリー

同上 : 花が咲き始めたブロッコリー

同上 : キャベツ

同上 : サンチュ

今朝の棚田の様子

棚田の畑 : ほうれん草

同上

同上 : 長ネギと正月菜

同上 : エンドウ

同上

玉葱

ソラマメ

開墾地の栗の切り株に生えてきたナラタケ

これは山桜の切り株に生えたナラタケ

これは縁側先の椎茸

裏の練習場は落ち葉で埋め尽くされた

落ち葉の間からリンドウの花が顔を出していた

同上

ナラタケの佃煮を作っているところ

ナラタケの佃煮 ; 材料はナラタケの他に酒、めんつゆ、昆布だし(粉末)、鷹の爪

本日の夕食 : ナラタケの佃煮は最高でした。大根の葉とシーチキンの炒め物は今一。飲み物は楊貴妃が好んで飲んだという金木犀酒。

大根を湯に米糠を一握り入れて下茹でしているところ。

洗濯物はあっという間に乾いてしまう。わざわざ、ハワイやタイへ行く必要はない。なにしろ、此処は冬でも常夏なのだ。