始まりは雨でした。

 今朝はAM6時ジャストに目が覚めた。依然として、昨夜来の雨が断続的に降っていた。風も強く、木の枝が大きく揺れていた。でも、この程度の雨風は毎度のこと。むしろ畑への水やりの手間が省けて、助かった。
 時折、雲間から薄日も差している。もしかしたら、雨は午後に止むかもしれない。そうなったら、早速、田植えの開始だ。たとえ、昔ながらの手植えといえども、いつまでもだらだらしてはいられない。


田植え開始

 雨はAM10時頃には止み、時折、日も差した。風は依然として強かったが、午後になると少し弱まってきたので田植えを開始した。
 先ず、昨日、1列だけ植えた小さい方の田から始めた。やはり、慣れているとはいえ、寄る年波には勝てない。1列植えては休み、また1列植えての繰り返しだ。小さい方の田を植え終わった頃に、ようやくエンジンがかかってきて、大きい田の方は2列づつに休みを入れた。腰はさほど堪えなかったが、膝がガクガクだもんね。毎日、サントリーのサプリ「ロコモア」を服用しているのだが、ゴルフには効くけど、田植えには全然、効きやしない。
 夕方。PM5時の村のチャイムがなったのを合図に作業を中断した。なお、折角、植えた早苗が鹿にやられないように電柵を施した。油断は禁物だからね。
 残りは、大きい方の田の3分の2.何とか明日中には終えるでしょう。

棚田の光景 : この光景を見るとどうしても、昔ながらの手植えにこだわってしまうのだ。 
小さい方の田
大きい方の田
同上 : 反対側からの眺め

本日の夕食 : 春キャベツは生、スナップエンドウの煮付け、莢エンドウの味噌汁等