翆泉庵の田舎暮らし

伊豆修善寺の山里から発信します

この画面は、簡易表示です

2018年5月12日

さつま芋苗の植え付け

 今日は中伊豆体験農園にてさつま芋の蔓苗を植え付けた。畑は農園のゴルフ仲間が予め耕してくれたが、少し雑草が生えていたので鋤で刈り取り、畝を作った。畝は90cm間隔に4列とし、水はけをよくするため少し高畝にした。肥料は一切与えない。
 さらに、雑草対策と保温効果を上げるため90cm幅のさつま芋専用の黒マルチを施した。蔓苗は概ね30cm間隔に斜め差しで植えた。丁度、1列25本で計100本植えた。品種は鳴門金時25本、紫芋25本、紅はるか25本、パープルスイートロード25本。
 なお、拙亭東側の開墾地では紅あずま50本を植え付け済みで、既に根付いており、新たに葉を伸ばし始めている。

畑の脇には水道蛇口があり何かと便利である。

畝は少し高くした。

畝に黒マルチを施した。

さつま芋の蔓苗100本

種類ごとの畝になった。右から紫芋、紅はるか、鳴門金時、パープルスイートロード。


中伊豆体験農園から拙亭へ戻ったのはPM3時を過ぎていたが。一休みしてから各畑の野菜作物に例の玄米アミノ酸ニーム酵素1000倍希釈液を散布した。
沢沿いの山アジサイに早くも花芽が付き始めた。

梅の実もいつの間にか大きくなったて来た

初夏の夕暮れ

本日の収穫




top