課題

 今日は、いつもの通りAM7時に目が覚めたが、冷え込みが厳しかったため、横着してまた寝した。起床はAM9時ジャストだった。早速、台所へ行きストーブの上に置いたままになっていた黒豆の鍋の蓋を開けた。昨夜、煮終わった時、煮汁は黒豆に被るほどあったが、その大半は黒豆が吸い取り、半分以下に減っていた。黒豆がよく煮上がって、ふっくらとして黒く輝いていた。珈琲を沸かし終えてから数粒ほど試食したが、食感、味共に上出来でした。

黒豆

 今日も引き続き、大掃除だが、その前に、郵便局へ行き。昨日の速達便の返書を投函し、その後コンビニで煙草などを購入した。年賀状?・・・すっかり忘れていた。年明けてからでも遅くない。慌てずにやろう。

 今年、1年を振り返ると色々ありました。でも、認知症をよいことに、皆、忘れることにした。どこかの国のように古い昔の事にいつまでもぐずぐずと拘って、時効が成立しているにも関わらず、蒸し返すのは余りにも醜い。とは言っても、年寄りは日常の行動をついつい経験に頼りがち、これが、注意力散漫と物忘れの大きな要因であることに最近、気付いた。特に最近の経験ほど当てにならない。何らかの対策を講じる必要に迫られている。基本的には経験に頼らず、且つ、感情に左右されず、今のこの一瞬を大切にして、大いに楽しむ。あとは天に任す。侘しいけど致し方ない。

 なお、年越し蕎麦は、買い置きの乾麺で済ませることにした。例年、村の休耕田で蕎麦を栽培していたが、今年は連作障害を避けるため蕎麦栽培は無し。お陰で脱穀作業をやらずに済んだ。

 そこで、今年は拙亭で採れた野菜を使って野菜天婦羅蕎麦にした。但し、ピーマンは2週間前にスーパーで買って来たもの。人参は里芋との物々交換で 埼玉の知人から 頂いたもの。

野菜天婦羅の材料、油は止無を得ず、米油を使った、サラダ油、キャノラー油などの菜種油は猛毒らしい。尤も、これらは昔、明り用の燃料だった。つまり灯油と大して変わらない。
年越しそば

 今年もあと数時間。あっという間の1年だった。でも、何とか生きていられた。これも妻をはじめ家族の支えがあってこそ。感謝している。除夜の鐘はまだだけど、来年は75才。そして年号が変わる5月に伊豆在住11年目を迎える。それまでは何とか生きていたい。昭和、平成、?、その先は無理でしょうか?

大掃除と黒豆の煮豆作り

 今日は朝から家や物置の大掃除。とりあえず燃えるごみを片付け、裏庭で燃やした。火の番をしながらも、素振りもやった。きっと、明日もやるでしょう。そこへ、隣村のゴルフ仲間がわざわざ、やって来て、ワサビ漬けなどを頂いた。奥さんの実家が山葵栽培をしているのだという。僕も小規模ながら庭をちょろちょろ流れる沢で山葵を栽培しているが、ありがたく頂いた。その後、床下の物置から油圧式薪割り機のある公道脇の物置へ玉切り状態の薪3個、搬送し、薪作りをやっていたら、カード会社からの速達書留が届いた。ところがサインは求められなかった。案の定、夕方PM6時頃、夕食の支度をしていたら、別の配達人が、サインを頂くのを忘れていたと平謝りでやってきた。ついでだから返信を、ポストに入れてくれないかと頼もうと思ったが、大事な書類なので翌朝、自分で投函することにした。夕食後、調味料液(水、砂糖、醬油、酒、重曹)に12時間、浸けた黒豆を薪ストーブでコトコトと煮た。PM6時から10時まで煮続けた。その後は薪の供給をストップして、そのまま一晩寝かす。

隣村のゴルフ仲間から頂いたワサビ漬けなど。なお、ワサビ根は沢の小石の間に挟んで保存した。沢のワサビの花が咲く頃に頂いたワサビ根を使ってワサビ漬けを作るつもりだ。
僕が栽培する沢ワサビ
本日の夕食 : ワサビの味噌漬けは絶品でした。僕も真似をしようと思う。なお、頂いた残りのワサビ漬けは東京へ持参する。
ストーブで黒豆を煮ているところ
同上

餅切り

 今朝はAM7時起き。天気は良かったが、外はかなり冷え込んだ。庭は霜で真っ白。車のフロントガラスも真っ白、早速、暖気運転をした。ついでに、凍てつく庭で素振りもやった。さすがに汗は掻かなかったが身体は暖まった。

 部屋へ戻ってから、朝食抜きで、また一寝入り。再度、起きたのは、AM9時。縁側に日が差すのはAM10時だから、我が家まだ夜明け前である。顔を洗って、眠気を覚まし、ガソリンスタンドへ給油に出かけた。週末とあってか、道路は上下ともかなり混雑していた。帰りにホームセンターへ寄り、掃除道具などの買い物をした。黒豆も買った。これは明日煮ることにした。

 拙亭へ戻ると、早速、餅切りを始めた。買って来たばかりの包丁で切った。切れ味は抜群だった。切った餅は8個~10個づつ真空パック詰めにした。今どきなら、常温でも1ヶ月程度は持つと思うので、常に外気に晒されている縁側に保存した。いずれにしても切った餅は年明け後、東京へ持参する。

餅切り
餅きり専用がなかったので普通の出刃包丁で切った。
ビニールは出来るだけ剥がさないようにした。
お馴染みの真空パックン。
真空ハック詰め。まぁ、ラップに包んでも、同じかな、要は空気に触れなければ乾燥せず、またカビずに済む。


餅つき

 今日はAM10時半頃に近隣農家の餅つき現場を訪れた。今は、伝統的な臼と杵による餅つきではなく、電動餅つき機(2升用)を利用した餅つき。風情に欠けるが、致し方ない。何しろ、蒸したもち米を餅つき機に投入するだけだもんね。現場では既に始まっていた。早速、缶ビール(3本)を飲みながら、僕の分が仕上がるまで、その光景をボケーとして眺めるだけ。餅つきが終わりに近づいた頃に、親類の方々と一緒に水炊きをご馳走になった。  黒米餅、白米餅を一延しづつ頂いて、拙亭へ戻り、酔いを醒ますため暖房の効いた寝室で横になった。目が覚めたのおはPM2時半過ぎ。約1時間、眠った。酔いは殆ど醒めた。何しろ、夕方から村の集会へ車で出掛けなければならない。

せいろでもち米を蒸しているところ。僕の役割はここで椅子に腰かけて火加減の管理
蒸しあがった米を電動餅つきに投入
スイッチを入れて餅つき開始、別の一升用餅つき機は蒸す工程もできる。
現場から眺める村の光景。左の山陰の奥は温泉街。きっと,今夜も世話になるでしょう。
持ち帰った伸し餅
専用ケースに入れて一晩寝かす。明日、切れるかどうか?
寝室のガラス戸傍の蠟梅
同上
同上

 PM3時前に、一時、雪が降った。積もらなかったが初雪である。白菜漬けをやろうと思ったけれど、止めた。


クレジットカードの盗難による被害補償について

 先月上旬に、タイを旅行した際、不幸にも、現金の他にパスポートやクレジットカードなどが入った財布が盗難に遭った。カードについては盗難の翌日、現地からカード会社に連絡したが、既に不正使用されていた。その大半はカードセキュリティが機能し、大きな被害は免れたものも、少額の買い物による被害(3万円程度)は抑えられなかった。
 しかも、うっかりして、先月分の カード利用の請求書を確認しなかったため、今月の10日付でその被害額も含めてカード決済された。昨日は、その件に関してカード会社から、再確認の電話があり、半日、その対応に追われた。交渉の結果、当方に過失がないことが認められ、少額だが、その全額が返金されることになって、ほっと一安心した。なお、本件のような事例については原則、補償されるが、条件が3点ある。1、盗難・紛失の事実を速やかにカード会社に連絡すること。2、警察署へ盗難・紛失届が出されていること。3、本人に重大な過失がないこと。僕の場合は幸いにもその条件を満たしていたため、100%補償される。通常は被害額の75%しか補償されないらしい。詳細については関連のネット情報で確認してください。

 なお、その他の被害については、海外旅行保険に加入していたが、現金は補償対象外。補償対象は財布(シャネル、金額はご想像にお任せします?)、渡航書発行手数料(770バーツ)、運転免許証の再発行手数料(3500円)だけ。チコちゃん(妻)に「浮かれてボーとしているからよ!」と散々叱られた。これに懲りて、金輪際、海外旅行はしません(ハワイは例外)国内にとどめます。これで何とか一件落着した。これも、ご心配とご迷惑をかけた同行の仲間達や家族のお陰です。改めて感謝致します。