やっと冬がやって来た

 今朝はPM7時に起床。目が覚めたのは1時間前だったが、寒くてなかなか起きられなかった:縁側の障子戸を通して外が明るくなったのを確認して、仕方なく起きた。、外は曇り空で、なお一層、冷え冷えとした感じがした。早速、薪ストーブに火を入れたが、なかなか部屋が暖まらない。止む無く電気ストーブに暖まりながら朝食です。でも鼻水が止まらず、珈琲と一緒に葛根湯(カッコントウ)を服用した。

朝食はいちごピザトースト

 今朝もゴルフ仲間から電話がかかってきて、何処から聞きつけたのか分からないが「大変だったらしいね」と慰められた。でも半分は面白がっていた。畜生め! なお、葛根湯のお陰で鼻水は止まった。

室内の干し柿は、外気に晒すため、再度、軒下の物干し竿に吊るした。
柿の皮も徐々に乾いて来た
沢のわさび : 来月、花が咲く頃にわさび漬けを作るつもりだ
クレソン
同上
上流から移植したクレソン
棚田の正月菜(小松菜の種類)を間引きした。なお、ほうれん草や小松菜の間引きは大きい方から間引く。右の大根は一昨日収穫したもので、虫食い部分をカットした。
本格的冬の到来で少し多めに薪を用意した。(概ね2日分、但し朝と夜しか焚かない)杉の枯葉は着火用、小枝は焚き木。したがって、勝手口からの出入りは不可能。
本日の夕食 : 正月菜の味噌汁と胡麻和え、美味かった。