切り干し大根

 昨夜ではなく、日付が変わって、本日の未明に(AM0時30分頃)虫食い部分をカットした千切り大根をガスコンロ(薪ストーブは昨夜のPM10時でストップ)で茹でて、縁側先に用意した物干しざるに広げて干した。でも風が無いので少し心配だが、気温が低いので何とかなると思う。前回の例では茹でた方が乾きが早かった。そういえば鍋で茹でるときは水は半分しか入れなかったが、茹で上がった時は、大根の水分が出て、ひたひたになるまで湯量が増えていた。それだけ大根の水分が抜けたということかな?。でも、旨味成分まで抜け出たかどうかは不明だ。いずれにしても熱湯消毒も兼ねているので、安心だ。

千切り大根は縁側先に用意したざるに広げた。勿論、辺りは真っ暗闇。なお、大根は概ね7センチの長さにして、前回と同様に専用カッターで千切りにした。5分も要しなかった。茹でたので大根が透き通って、まるでところてんの様。

今朝のお目覚めはAM7時30分。5時間しか寝ていない。外は曇り。早速、薪ストーブに火を入れて、餅を焼いて、それを正月菜の味噌汁に入れて朝食です。やっぱり「もち菜」と言うだけあって餅との相性がよく実に美味かった。その後、寒そうだったが外へ出て日課の素振りです。今日はティーグランドに立ったつもりで、スタンス幅、バックスイングのスピード、切り返しのタイミング、軸を意識したダウンスイング(インパクトまで頭を残す)等をチェックしながら素振りした。この調子でいけば、明日の愛好会は何とかなりそう?

火事ではありませんので119番しないでください。煙突からの煙です。
干し柿(11月22日から干し始めた)はそれらしくなって来た。中の糖分が表面に染み出てねばねばしています。

右の干し柿は12月8日から干したもの、左側は11月22日から干したもの。

午後、床屋へ出かけていた留守に、17日の村のコンペの案内をわざわざ届けてくれたらしく、玄関に案内が置いてあった。場所はフジ天城GC。スタートは7時52分。AM7時に迎えが来る。

裏庭で素振りをしていたら、ヤマガラが見物にやって来た。この時期、餌を求めて人家の近くへ寄ってきて姿を見せるようになる。人なっこい野鳥である。