2019年上半期終了、早いねぇ・・・

 今日も朝から雨。さらに風も吹き荒れた。畑の作物が心配だったので、早速、雨に濡れながらも畑を見回った。幸いなことに、棚田の畑の大玉トマト6株の内、一株だけ先端が折れていた以外は特に別状はなかった。尤も、先端が折れても脇芽を伸ばせば、全然、問題ない。

 その後、先日、種植えした黒豆が気になって、育苗箱の表土を取り除いたら、既に発芽していたので、そのままの状態にし、緑化を促すことにした。緑化すれば、取り除いた土を再び被せ、育苗を続ける。兎に角、黒大豆摘心断根栽培をやってみたいのである。

黒豆の芽

 午後は、昨日、収穫した真竹の筍とワラビを約束通り、ゴルフ仲間に届けた。とても喜んでくれた。

本日の夕食 : 手羽先は昨夜の19番ホールの余り物を頂いたもの。美味かったです。金麦は東京の新聞屋から頂いたもの、(2ダース入り一箱)東京では読売と朝日を半年づつ交互に購読しているが、その度に洗剤等を頂いている。今回は発泡酒を頂いた。伊豆は何もくれないもんね?


梅干作り(その2)

 今日は梅雨空に逆戻り。朝から正午にかけて細かな小糠雨が降り続いた。午後は降ったり止んだり。部屋の中も湿っぽかった。カビが生えると困るのでエアコンでずっと除湿運転した。

 黒蜜が出来たので、久しぶりにフルーツあんみつを作った。材料は寒天、ゆで小豆、ミックスフルーツ、庭で採れたブルーベリー、自家製黒蜜。

美味かった。なお、寒天は糖の吸収を抑える働きがあるので、ダイエットに効果的。

 午後は、赤紫蘇のあく抜き作業。あく抜きした赤紫蘇は、梅酢の上がって来た梅の上を覆うように被せ、再び重石をして、6畳間の冷温室に保管した。この状態で梅雨が明けるまで待つ。

早くも梅酢が上がって来た。
赤紫蘇を載せた
重石は、それぞれ5.5㌔から3.5㌔に落とした。後は梅雨明け後に晴天が続く日に梅を取り出して天日干しする。
 夕方、一時、雨が止んだので雨後の筍とワラビを収穫した。昨日のゴルフ仲間に進呈するつもり。大根と胡瓜は自分が食べる。

やまびこ会

 今日は予定通り大熱海GC大仁コースで開催されたやまびこ会に参加した。幸いにも台風は未明に通り過ぎ、朝の早い段階から雨は上がり、絶好のゴルフ日和となった。しかし、カンカン照りでなかったが、かなり蒸し暑かった。僕は北海道育ちなので生まれつき暑さに弱く、スコアにかなり影響して、前半のアウトが52、後半のインが何と!!62も叩きトータル114。こんなひどいスコアは今期2度目かな?でも楽しかった。ゴルフはスコアではありません。楽しければそれで良い。

 19番ホールは、この会のメンバーであるママさんが経営するスナック(大仁)。ここでは、割り勘負けしないよう飲んで食べて、カラオケまで楽しんだ。帰りも拙亭までわざわざ送って頂いた。

 来月のやまびこ会は7月19日(金)。場所は伊豆大仁CCの富士、箱根コース(スタート時間は未定)。その頃には盆行事(送り火)は終わっており、東京から伊豆へ戻っている筈なので、喜んで参加するつもり。なお、この会とは別に伊豆大仁商店街経営者が集う月例コンペにも入会要請があった。即答は避けたが、他のコンペと日程が重ならなければ入会可能だ。でも、もう少し考えさせてもらうことにした。

 なお、昨日仕込んだところてんは今朝、出来上がっていた。探していた黒砂糖が見つかったので、これから黒蜜を作るつもり。フルーツあんみつは明日ですね。尤も、材料となる餡やフルーツもない。

プリン、プリンのかんてんが出来上がった。

梅雨空でも予定通り。

 今日は朝から雨模様で時々強く降ったり止んだりのすっきりしない天気だった。午前中は蔓ありインゲンに支柱を追加して組み立てた。半分は既に開花して一部に実が付き始めていたが、残りの半分は極端に生育が遅く、もう駄目かなと諦めていたが、急に蔓を伸ばし始めたので、霧雨が降っていたが、蔓を這わすための支柱を立ててやった。

 午後は小豆の種植え予定地である川向こうの畑に、混合堆肥(40ℓ入り×3袋)を撒いた。なお、品種は丹波大納言で約300株を予定している。植付け時期は来月中旬を予定し、マニュアル通り一株当たり3粒づつ種植えて、最終的には2本仕立てで育てるつもりだ。肥料はこの後、玄米アミノ酸米糠ぼかしを施すだけ。

タキイの種屋さんから取り寄せた。一袋を封を切って数えたら320粒入っていた。

 その後は、秘密の場所でワラビ採りしたり、近くの竹林で真竹の筍採りをした。なお、竹林の所有者には予め承諾を得ており、好きな時に好きなだけ採ってよいとのことなので、遠慮しつつも甘えさせて頂いている。

ワラビと真竹の筍。梅の実は途中、地面に落ちていたのを拾ったが、これは無断である。

 拙亭へ戻ったら明日のゴルフは決行するとの連絡があり、AM8時15分に迎えに来てくれる。さらに7月3日(水曜日)は、伊豆国際CCで安良里マリンとのゴルフが予定されている、スタートはAM9時32分。さらには、その翌々日の5日は村のコンペ。場所は伊豆スカイラインCで、スタートはまだ未定。ゴルフも梅雨は全然関係ないですね。

 今、昨年、頂いた天草でところてんを作っているところ。出来たらフルーツあんみつを作る予定。しかし、そのまえに肝心な黒蜜を作らなくちゃ。たしか黒砂糖はあったはずだ。

出来上がりは明日ですね。

黒大豆摘心断根栽培&梅干作り開始

1 黒大豆摘心断根栽培

 今日も昨日に引き続き貴重な梅雨の中休み。早速、縁側先のテラスで丹波黒豆の種で育苗を始めようと思い、培養土と玄米アミノ酸米糠ぼかしをよく混ぜて育苗箱に深さ約1㎝の深さになるように詰め、種となる黒豆を並べ、更にその上に虫除けネットの切れ端を敷いて覆土した。育苗箱は日当たりの良い拙亭前の畑の育苗棚へ移動した。

タキイの種
育苗箱に深さ、約1㎝の玄米アミノ酸米糠ぼかし入りの培養土を詰め、その上に丹波黒豆を並べたところ。
豆の並べたその上に虫除けネットを敷いて約2㎝の深さに覆土した。
育苗箱 は亭前の畑に置かれている苗棚に載せ、発芽するまで(4,5日後)このままの状態で待つ。発芽したらネットの上の覆土を取り除き、もやし状態の芽を日光に当て、緑化したら再度、覆土し育苗を続ける。その後、摘芯&断根処理してポットに挿し木で育苗を行う予定。

 丹波黒豆苗は最終的にジャガイモ跡地に移植する予定なので、そこを耕運機で耕して、玄米アミノ酸米糠ぼかしを鋤き込んだ。

2 梅干作り

正午過ぎに和歌山から南高梅5㌔×2箱が届いたので、夕方から夕飯をアンパン2個で済ませ、梅干作りを始めた。

届いた南高梅(5㌔入り2箱)
同上 : いい香りです。
今回は1斗樽×2個を用意し5㌔づつ塩漬けした。重石も5.5㌔×2個を用意。塩は粗塩をそれぞれ16%(1樽につき800g)を使用。ホワイトリカーはカビ防止のための消毒用。
1樽完了。蓋を被せて6畳間に保管。エアコンで市内温度を20℃に設定。

3 その他

本日の収穫 : インゲンは初収穫
タイガウッズの帽子も届きました。これを被って250Yかっ飛ばすつもりだ。