スイングチェック

 午前中は川向うの畑へ出て赤玉葱の畝とホウレンソウの畝の草むしりを行った。なお畑周りの電柵の電源である電池がそろそろ切れる頃なので明日、交換することにした。また、明日は夕方から雨らしいので、赤玉葱及び棚田の畑の白玉葱には追肥をするつもり。ついでだから小かぶやホウレンソウにも追肥をすることにした。
 なお、寝室兼野菜庫に保管中のジャガイモ(メ――クイン、キタアカリ)は、既に2回ほど芽掻きを行ったが、また芽が出てきた。大部分は種芋にする予定だが、植える際には、出てきた芽は掻き取ってから植えた方がよいと教わった。また、畑に残っている里芋や生姜はそのままの状態でOK。出来れば、霜にやられないように少し多めに土を被せるとよい。なお、ジャガイモは収穫する際に、小芋は一旦収穫して再度、同じ畝に埋め戻すと秋ジャガが育つという。今度やってみよう。
 午後は、広場の檜材5本の内2本を玉切りした。30分ほどで終えた。その後、一服してから広場でクラブを振り回してスイングチェックを行った。昨日のゴルフで、あるヒントを得たので、それを試してみた。実際に球打ちしてみないと分からないが、ヘッドは飛球方向に真っ直ぐ走る。しかも、多少力んでも地面を滑るように走り、地面を叩くことはなかった。この打ち方は練習場で試すつもり。上手くいけば来週22日の二粋会はばっちりだ。また優勝かも?? 何しろハンデが32もあるのだ。これで3位以内に入らなければゴルフをやる資格はない。
 スイングの方針が決まったので、その後は小屋で音楽を聴きながら小屋に収納されている玉切り状態の薪材を3個ほど油圧機で割り、2列目に積み上げた。それでも、天井まではまだ30センチほど余裕があつた。

薪小屋の3列目に積み上がらないケースを考慮して2本残した。薪ストーブを利用している家はまだあるので、問題なく片付けられる。

同上

ゴルフコース内の紅梅(昨日撮影)