薪割完了

昨年12月から開始した薪作りは、丸2ヶ月かかって、ようやく完了した。
今日はAM11時から作業を開始した。先ずはチェンソーの目立てを行い、燃料やチェーンオイルを補給して、広場に残っていた丸太を約30㎝~40㎝の長さに玉切りした。玉切りは約10分程度で終了したが、これを4輪車に積載して薪小屋へ運び、油圧機で割った。斧で割るのと違って多少の節があっても簡単に割れるが、油圧機は一定のスピードでしか動かないため、短時間で割るのは無理。結局、作業は正午までかかった。
昼食はラーメンにしようかなと思ったが、面倒なのでインスタントのきつねうどんに焼き餅を入れて食べた。そう言えば明日は節分だな。急に恵方巻が食べたくなった。午後はマスクしてスーパーへ出掛けようかなぁ? 車の燃料補給もしなくちゃ。

先ずはチェンソーの目立て、給油から作業を開始した。目立ては角度表示付き丸やすり(4mm)で行う
無理矢理だけど3列目に何とか収まった。これ以上は絶対無理。地震が起きたら水の泡だ
夕方、マスクして燃料補給や買い物をしてきた。バナナは残念ながらメキシコ産。田舎だからね
一足先に、節分を迎えました。この恵方巻1000円。「新型コロナウィルスは外、ゴルフの誘いはどうぞ」

早速、福が来ました。先ほど、仲間から電話があり「4日空いている?」 「空いているよ」 「じゃぁ、伊豆国際CC、10時04分スタート。よろしくね」 「わざわざ有り難う。こちらこそよろしく」でありました。