理解不能

 世界第2位の経済大国が新型コロナウィルスで経済マヒに陥っているにもかかわらず、世界各国の株価が上昇している。上海株まで上がっているのだ。先が見えているのかなぁ。
 今日は、朝から新型コロナウィルスに関する内外のニュースを読み漁っているのだが、収束しそうだとか、効果的な治療薬やワクチンが開発されたとかという話は今のところ聞いていない。それなのに、日本株や米国株だけでなく、中国べったりの韓国株まで上昇している。何故なんだろうねぇ。どう考えても理解できない。
 暴落を期待していたのに誠に残念だ??? 買いのチャンスだったのに??? 
 なお、米国もB型インフルエンザの流行で1万人近くが死亡しているが、市場には全く影響していない。
 実は、僕も昨夜、少し身体がだるく感じ、もしかして新型コロナウィルスに感染したかも知れないと思い、葛根湯を服用して寝た。今朝はAM9時に起床した。体温を計ったら36.5℃で特に異常はなかった。でも、大事をとって外へ出ず、薪スト―ブで暖をとりながら、専らネット情報の閲覧で暇をつぶした。


 僕が最近よく閲覧するニュースは、やはり新型コロナウィルス関連ニュース。勿論、ソースは日本に限りません。でも、アメリカソースの日本語訳か多いかな。しかも偏らない。例えば左派のワシントンポストを見たら、右派のワシントンタイムズも見てやる。但し、日本の朝日は滅多に見ないなぁ。此処は意図的フェイクが多いからね。
 今日は、よく訪れるニュースサイト「In Deep(地球最後のニュースと資料)」に面白い記事が掲載されていた。見出しは「40年前のアメリカの小説『闇の眼』に出てきた史上最強の創造上の生物兵器は中国武漢の研究室で作られた。その兵器の名前は「武漢-400」(もちろん偶然の一致)」です。
内容はリンクを張ったので当該サイトで直接、閲覧して下さい。中国はこの小説をパクって本物を作ろうとしたのかなぁ???。何しろパクリの天才だからね。なお、同サイトでは、他にも関連ニュースが多く掲載されている。面白いですよ。

夕食は毎度お馴染みの牛丼。紅生姜がそろそろ切らしそうなので明日、畑から掘り出して作るつもりだ。

 明日は「オイマヨ大根」に挑戦する。