また、やられました

 AM9時から受付開始した同好会のエントリー電話申込を丁度、終えたときだった。棚田の管理人がやってきて「また。やられたよ」という。拙亭前を道路脇を流れる棚田への用水路がイノシシによって土砂で埋められたのだ。それで証拠写真を撮って欲しいとのことだった。
 これで何度目だろう。早速、現場へ急行し、被害状況をデジカメで撮り、拙亭へ戻ってから、ふと、畑の中を覗き込んだら、何と!4月から丹精込めて育てた茄子が枝だけになって葉が一枚も付いていないではないか。勿論、本日、収穫予定の実も全部、食い尽くされていた。犯人は足跡からして、明らかに鹿の野郎である。しかし、幸いなことに、胡瓜の方は何故か、全然、問題なかった。救いはこれだけ。3箇所の畑のうち此処だけが電柵をやっていなかった。また、最近は、ホタルのために外灯を消していた。そこを付け込まれたようだ。
 なお、茄子は川向うの畑で米茄子(4株)が実を付け始めているし、普通の茄子(6株)も花が咲き始めてきたので、お盆には何とか用意できると思う。

熊手の辺りに用水路がある。

土砂に埋まった用水路

同上

拙亭前の畑 :見るも無残な茄子の姿

犯人の足跡

難を逃れた胡瓜

 午後から、燃料補給したり、ホームセンターで長ネギ苗50本、下仁田ネギ苗50本、チンゲンサイや小松菜の種を買ってきた。なお、暑さ対策に、小型扇風機付きのベスト(1万円)も買った。最近は皆、これを着用しているもんね。なかなか好評なので僕も差を付けられないようにこれを着用することにした。
 なお、9日(木)の同好会はAM8時19分インスタート。仲間に連絡済み。


川向こうの畑の茄子

米茄子

同上

普通の茄子

同上