七草

 今朝もAM7時起床、部屋の温度は27℃に設定していたので少し暑かった。寝室のカーテンを開け、ガラス戸を開けると、外の冷たい空気が一気に流れ込んできた。しかし外は、霜が降りた形跡がなく、車のウインドウガラスも凍っていなかった。冷え込みが緩んだようだ。

 早速、冷たい水で洗顔して、薪ストーブに火を入れた、同時に珈琲を沸かした。豆は、昨年ハワイで調達したコナ珈琲。続いて朝食の支度。いつもと同じ流れである。本日のメニューは黒米餅1個とハムエッグ。テレビ見ながら食べた。朝ドラの後は味噌料理に関する番組だった。僕も味噌にはこだわりがあるので興味をもって見た。味噌とトマトジュースがよく合うというのは初耳だった。今日は七草なので、夕食は大根にこのトマトジュースとの合わせ味噌をつけて食べようと思う。

黒米餅を焼いているところ
最近、ガスはほとんど使わない。
朝食

 普段、味噌汁に使う味噌は昨年、頂いた手作り味噌(1年間熟成済み)に昨年、村で栽培した大豆で作った味噌を混ぜて使っている。いずれも米麹味噌だが、妻がメーカーから直接取り寄せたの愛知の八丁味噌(豆麹味噌)も時々使う。

右から、頂いた手作りトマトジュース、八丁味噌、頂いた手作り味噌に村の味噌を混ぜたもの、村の味噌

 今日の予定は素振りの後、台所の整理整頓と掃除。その前に白菜漬けにする白菜を収穫して、4分割して外気に晒すしておく。仕込みは今夜、行うつもりだ。なお、台所の清掃は明日の午前中にかけて行う予定である。明日の午後は通夜のお手伝い。その翌日も朝からお手伝い。

林道脇の畑から5個、開墾地から1個収穫し、4分割して日干ししているところ
蜂屋柿の干し柿
開墾地の白菜畑
開墾地の大根とほうれん草
赤大根は今週末に収穫して東京へ持参する。

おでん大根はもう少し待つようだ
春菊ははやり、春まで待つようだ。

 午後の予定は急遽、変更した、縁側に放置してあった次郎柿が何時の間にか完熟し、柔らかくなったので「これはやばい」と思い、柿のジャム作りを思い立った。やり方はネットで調べたらブルーベリージャムとほぼ同じ。面倒なので、皮だけ剥いて、種ごと鍋で煮た。したがって、台所清掃はガスコンロ周りだけ。

柿ジャム作り
コンロは綺麗にした。
同上

 白菜漬けは予定通りにやったが、一樽だけで、残念ながら用意した白菜は全部、漬けることが出来なかった。残りは明日の午前中にやるつもり。台所の清掃は何時になったら終わるのだろうか? 自分でも分からない。

白菜は3段重ね、1段ごとに、塩、柚子の皮、鷹の爪、昆布の破片を入れた。
重石を載せた
保管場所は沢庵と同じ

 その後、夕食の支度をしていたら、沼津中央ライオンズクラブのメンバーでもあるホテル沼津キャッスルの支配人から久しぶりに電話があった。来週15日にラフォーレ修善寺CCで是非ともゴルフをしたいという。2年前に背骨を骨折して暫く休んでいたが、完治して仕事には、既に復帰し、最近は、ゴルフもやるようになった。無論、喜んで承諾した。(AM8時32分スタート)しかし、その翌日の16日は農園コンペ、さらに17日はやまびこ会。したがって17日は誠に申し訳ないが、断るつもりである。これも田舎暮らし改革の一環なので止むを得ない。

本日の夕食 : 久しぶりにお酒です。