野辺送り

 今日は葬儀の駐車場案内係を務めた。でも葬儀が始まるころにはその任務を終え、故人宅へ戻り、野辺送りに用いる葬具の組み立てや飾りつけの準備に当たった。たっぷり時間があったので、用意されていたお酒で清めながら行った(300mmカップ×3本)。準備が整い、火葬を終えて親族が戻ってきたころにはすっかり出来上がってしまった。僕も野辺送りに加わり「施主花」を持たされた。墓地までは約1㌔ほどの緩い坂道を歩いて行くのだ。 少し緊張していた所為か、足取りは意外としっかりして、よろついたりふらついたりすることなく、墓地まで何とか役目を果たすことが出来た。その後、村人だけで、近くを流れる北又川沿いで野辺送りに用いた装具の一部を川に流して最後のお清めを行った。そこではワンカップ(180mm×2本)だけ。今日はトータル7合飲みました。拙亭へは近隣の方に車で送って頂いた。あとは寝室でバッタンキュー。目が覚めたらPM6時。頂いた弁当で夕食です。明日は、ようやく東京へ帰れます。野菜などを収穫して正午過ぎに出発する。

今日は絶好のゴルフ日和。風はなくポカポカ陽気でした。
天蓋と龍
白旗

 なお、葬儀場(修禅寺)で葬儀に参列したやまびこさんにばったり出くわして、17日のゴルフは無理だと言ったら、18日に変更するのでぜひ参加してほしいとのことだった。断れず「それじゃ、喜んで参加します」と答えちゃった。18日のAM7時に迎えに来るとのこと。