自給率の向上

 これも田舎暮らし改革の一環だが、今年こそ水吞百姓から脱却したい思っている。そのためには、隣地のまだ開墾の済んでいない部分を遅くても4月までに開墾しなければならない。しかも約150坪の広さがあり、土作りと併行して行うので、極めて過酷な作業が予想される。でも、折角、生きているのだから、身体と時間の有効活用を図る丁度、良い機会なのだ。まぁ、焦らずに毎日、コツコツとやれば何とかなるでしょう。
 そこでは、先ず、手始めに小豆とか大豆などの豆類の栽培をやろうと考えている。まぁ、駄目元だけど、もし、上手く事が進めば待望の本百姓になれるかも? 

 今年から後期高齢者の仲間入りだが、楽して生きようとは思わない、やっぱり、お迎えが来るまでは元気でいたい。元女優の岸恵子が「若さの秘訣は」との問いに、「苦労が絶えないことかしら」と答えたそうだ。加えてチャレンジ精神が旺盛ですね。僕も見習おう。

現在 86歳 : この画像は85歳の時に撮影したもの。僕よりも10歳先輩である。
2018年撮影
2015年撮影

いくら若くて美しいといっても、寄る年波には勝てない。わずか3年の違いだが声の張りと艶は2018年と2015年とは月とスッポン。後期高齢者の老化は加速度的です。僕も今日は元気だけど明日は分かりません。諸行無常、生者必滅はこの世の理。無理しちゃいけません。美が醜になります。ナチュラルに生きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です