恵みの雨

 今日は朝から雨。途中、昼頃に一旦、止み、晴れ間ものぞいたが、暫くして又降り出した。予報によると、山沿いでは雪になるかも知れないとのこと。此処はどちらかと言うと山沿いだから、心配だ。でも、今回は畑の作物にとって恵みの雨となった。ずっと、カラカラ天気だったもんね。特にエンドウやソラマメなどの春野菜、玉葱などは、この雨で息を吹き返した。また、開墾地や川向こうのジャガイモ予定地には石灰窒素を散布して以降、初めての雨だったが、これで土に中に十分に滲み込み、その効果が期待できる。

棚田のエンドウ
正月が過ぎても正月菜が育っている。
棚田の極早生玉葱
川向こうの畑のソラマメ
よく見ると花が咲いていた。
ジャガイモ植付け予定地

 また、雨が止んでいる間に、林道先の杉林へ足を延ばして、杉の枯れ葉や枯れ枝をかき集めて来た。午前中の雨で多少、湿っていたが出来るだけ濡れていないのを選んで集めた。その後、薪小屋の前で素振り練習を実施した。その内、また本格的に雨が降り出したので、練習場へは行かなかった。

薪小屋の前の白梅{月影}
夕食の支度
夕食の支度が出来ました。茗荷の甘酢漬けは久しぶりだったが最高に美味かった
花瓶の水を取り替えた