ダイヤモンドカップ

 今日はAM10時からBSフジでダイヤモンドカップ最終日の一番ホールの模様をTV観戦。でも、実際はAM11時の段階で4ホル目かな。依然としてマンデーから出場権を得た浅地洋佑が−5でトップ。ネット配信のフルリーダーボードも参照している。

 日亜共催の「アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフ」は12日、千葉県の総武カントリークラブ 総武コースを舞台に最終ラウンドが終了。マンデートーナメントを突破し今大会の出場権を得た浅地洋佑がツアー初優勝を挙げた。
 単独トップから出た浅地は1バーディ、2ボギーの「72」とスコアを落とすも、通算3アンダーで逃げ切った。優勝に加え、国内男子ツアーとアジアンツアーのシード権、今年の全英オープンの出場権を得た。
 19歳のアマチュア米澤蓮(東北福祉大1年)が5バーディ、2ボギーの「68」を記録し、通算2アンダーでマイカー・シン(米)と並び2位タイフィニッシュ。

「やめなくて良かった」浅地洋佑 プロ8年目25歳の苦難の道

こんな嬉しいことはないだろうねぇ。あやかりたいよ?

お母さん、ありがとう 浅地洋佑はピンクのシャツで初勝利

右側がお母さん。左側が奥さん。彼は僕とほぼ同じ体格(163センチ」)だ。勇気づけられた。