夏野菜の取り組みは、いよいよ佳境へ

 雨は午後には止んだ。庭や沢沿いの山つつじは、いつの間にか終りを告げ、皐が花を咲かせ始めた。額アジサイの花芽も目立ち始めた。季節の移ろいは止まりません。年寄りにはきついが、遅れを取らないよう必死に食らいついています。

庭の皐

畑の脇の野イチゴ。甘いが、小さ過ぎますね。

 昼食は、冷凍餅がまだ沢山残っていたので昨夜の内から解凍し、久しぶりにぜんざい餅にした。
餅は黒米餅。残った小豆は冷蔵庫に収納した。

夏ほうれん草を植えるため昨年、開墾地の小豆畑だった箇所を刈り払い機で除草した。明日は晴れそうなので耕せるかな?

棚田のスナップエンドウを片付けた。莢エンドウもそろそろ終わりだが、まだ少し残っているのでそのままにした。脇のソラマメはこれから収穫期を迎える。

棚田のスナップエンドウは終わっても開墾地のはこれからでやっと花が咲いたところ。

同上

先日、開墾地に種植えした蔓ありインゲンの芽が出て来た。なお棚田の蔓なしインゲンはまだでした。

丹波黒豆も発芽して来たので覆っていた土を除去し明日、日光に当てて緑化したらまた土を被せる予定。

丹波黒豆は開墾地の薩摩芋(紅はるか)右側の空いているスペースに約50株を6月上旬に植え付ける予定。美味しい枝豆が期待できますよ。
第2段目の胡瓜の種植をした。

最初の胡瓜は、第5節目までは全て摘み取ったので第6節目から実をつけ始めた。今月末に初収穫できるかな?

これは第2段目の茄子苗、畑への定着はやはり6月上旬かな?

棚田に移植したニラに新たな葉が伸びて来た。収穫は6月以降だが馬に食わせるほどある。

この茄子は4株あるが、がくが緑色の品種。柔らかく美味しい。

同上

ミニトマトに実が付いた。まだ小さい。なお、黄色のミニトマトも2株植えてある。大玉トマト(3株)まだ花も咲いていない。

ミニトマトは脇芽の挿し木で増やす。根が伸びて来たら別の畑へ移植する予定。

本日の夕食は、どちらかというと玉葱丼かな?