SF並みですね

 表象だけをとらえて判断するのは早計かもしれないが、567(コロナ)後の世界は8、9、10の世界が来るのかなぁ? いずれにしても世の中の本質を見失わないようにしなくちゃ。「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理(ことわり)をあらわす」ですよ。
 興味ある方は「疫病2020」門田隆将 (著)を買って読んでください。僕も、面白そうなので注文しました。それにしても、「風が吹けば桶屋が儲かる」とは、よく言ったもんだ。著者にケチつける訳ではないが、今、この種の本がよく売れますからね。僕もガサネタ集めて本を出版するかなぁ?


 午後から晴れてきたけど、午前中は雨の中、猪の野郎に土砂で埋め尽くされた水路の復元を行った。雨に濡れたついでに、拙亭前の畑の草刈りもやった。全身ずぶ濡れでした。

水路を覆っていた土砂を除去した。役場で此処へ囮を設置するらしい。

これで何とか棚田へ水が供給される。

拙亭前の畑は胡瓜だけ。後日、電柵で囲うつもりだ。なお、草刈り作業中は雨でした。

午後からは青空が広がった

胡瓜は何とか鹿の害を免れた

夕方、娘夫婦からアイスクリームが届いた。
お礼に西瓜等を持参するからね。