緑茶と海藻で567に打ち勝つ。

 依然として、567の勢いは止まりませんね。我が故郷である東京は惨憺たる状況です。特に住まいのある世田谷は新宿に次いで2番目に感染者が多い。静岡県の7倍近い感染者数(18日現在で699人)だもんね、ところで、疎開先の伊豆市も、最近まで0だったのに、ついに感染者が発生した。安心できません。でも、日本は欧米に比べるとまだ少ないです。その理由については東洋経済のコラム記事(「新型コロナ、日本で重症化率・死亡率が低いワケ」)に掲載されている。参考になると思う。
 感染防止策については、マスク着用、手洗いの励行、3蜜を避けるなど、出来るだけ他人との接触を避けるのが基本だと思う、さらに、感染した場合のことも、考慮しておく必要がある、
 僕が平素、心掛けていることは、以前にも紹介したように、抗ウイルスの体質にするため、毎日、緑茶を必ず服用する。さらに感染しても重症化しない対策として、出来るだけ海藻類を食事の中に取り入れる。これはネット情報、In Deepに掲載されていた記事を参考にした。
1 「1918年のスペインかぜで日本の致死率が著しく低かった理由を探っているうちに突き当たった「抗ウイルス策あるいはサイトカインストーム防御策」。それは海藻とフコイダンに
2 「治療薬として有望なクロロキン等より「緑茶に含まれるエピガロカテキンガレートのほうが新型コロナウイルスへの抗ウイルス作用がはるかに高い」ことが公開された論文で判明。そして思う日本人の日常食のすごさ