翆泉庵の田舎暮らし

伊豆修善寺の山里から発信します

この画面は、簡易表示です

タバコが吸えなくなった。

 今日は朝から好天に恵まれた。初夏というより真夏のような暑さだった。洗濯機は朝からフル稼働。布団も干した。体調がすぐれなかったので、それ以上のことはやらなかった。実は先週から禁煙を始めたが、今朝、バッグを何気なしに開けたらスマホの横に20本入りピース1箱が入っていた。急に吸いたくなり、手つかずの箱のふたを開け、1本を取り出して火をつけた。2息、或は3息吸った。咳き込みはしなかったが急に気分が悪くなった。吐き気をもようして、目眩がした。立ち上がるとフラフラした。すぐにタバコの火を消して、残りのタバコは勿体なかったがゴミ入れに捨てた。その後もなかなか体調が回復せず、折角の好天気にもかかわらず、日中は殆どベッドに横になっていた。夕方、何とか洗濯物や布団を取り込み、畑を見回った、完調子ではなかったが、目眩はしなくなった。いずれにしても、もうタバコを吸えない体になっていた。このことを喜ぶべきか、嘆くべきか分からないが、ちょっぴり寂しい気がした。
 なお、タバコは本年10月から毎年20円づつ値上げされる。止めるなら今ですね、グッド・タイミングでした。

布団干し

同上

棚田のいつもの景色

白かぶがそれらしくなってきた

最も成長の早い 玉ねぎ

赤玉ねぎ

白玉葱

遅植え玉ねぎ(1月植え)



小麦饅頭

 今日は午後から雨の予報だったので、午前中は拙亭東側の電柵周り及び縁側先の石垣の上の草刈りを行った。これからは、この草刈りが毎日のように続く。田舎暮らしとは草刈り人生を送ること。

拙亭東の開墾地側の草刈り

石垣の上の土手の草刈り

石垣の下のブルーベリーは今年も実をつけた。

同上、3本のうち比較的大粒の種類

数は少ないが最も大粒

皐の花が咲き始めた

 午後は予報通り雨。することが無いので、暇つぶしに温泉饅頭を作った。以前、近隣のお袋さんの作った小麦饅頭に憧れて、これまでも何度も饅頭作りに挑戦したが、何故か、悉く駄目だった。今回も、今度こそとやってみたが、やはり駄目だった。先日、伊豆長岡の和菓子屋の主人から、小麦粉の70%の砂糖と、膨らし粉(重曹)も少々加えるのだと教わったが、砂糖は勿体ないので約30%に抑えて作ったところ案の定、失敗した。でも、駄目なのは見栄えだけで味そのものは、これまでと比べて最高でした。5個とも平らげた。なお、餡は市販の缶入り茹で小豆を使用したが次回は小豆から作るつもりである。
最初に作った饅頭

2回目は少しましなのが作れた。食べきれないので明日食べることにした。

 いつの時代においてもレジェンド(伝説の男)は突如として現れる。大谷のようにね。また、国内男子レギュラーツアー「日本プロ選手権」では、50歳の谷口が史上最年長Ⅴ。彼もレジェンドですね。僕もゴルフでは無理なので、地味だけど後世に語り継がれるような饅頭を作りたいと思っている。笑わないでください。生きている限り決して諦めない。
優勝した谷口プロ



さつま芋苗の植え付け

 今日は中伊豆体験農園にてさつま芋の蔓苗を植え付けた。畑は農園のゴルフ仲間が予め耕してくれたが、少し雑草が生えていたので鋤で刈り取り、畝を作った。畝は90cm間隔に4列とし、水はけをよくするため少し高畝にした。肥料は一切与えない。
 さらに、雑草対策と保温効果を上げるため90cm幅のさつま芋専用の黒マルチを施した。蔓苗は概ね30cm間隔に斜め差しで植えた。丁度、1列25本で計100本植えた。品種は鳴門金時25本、紫芋25本、紅はるか25本、パープルスイートロード25本。
 なお、拙亭東側の開墾地では紅あずま50本を植え付け済みで、既に根付いており、新たに葉を伸ばし始めている。

畑の脇には水道蛇口があり何かと便利である。

畝は少し高くした。

畝に黒マルチを施した。

さつま芋の蔓苗100本

種類ごとの畝になった。右から紫芋、紅はるか、鳴門金時、パープルスイートロード。


中伊豆体験農園から拙亭へ戻ったのはPM3時を過ぎていたが。一休みしてから各畑の野菜作物に例の玄米アミノ酸ニーム酵素1000倍希釈液を散布した。
沢沿いの山アジサイに早くも花芽が付き始めた。

梅の実もいつの間にか大きくなったて来た

初夏の夕暮れ

本日の収穫



畑の様子

ゴルフを終えて拙亭へ引き上げてきたのはPM4時を過ぎていた。一休みしてから、畑を見回った。

拙亭前のジャガイモ畑。PM5時を過ぎるころになると日陰に入る。

同じく拙亭前の畑の夏キャベツとブロッコリー

拙亭東側の開墾地の畑。左の2列はじゃが芋。右の2列はさつま芋(紅あずま)、奥にプリンスメロンとトウモロコシがある。

開墾地の畑はPM5時を過ぎても日当たりが良く、ジャガイモには花芽が出始めた。

夕暮れ時の棚田の光景

棚田の畑、右側が人参、中央が白かぶ、左が大根、奥に里芋と生姜がある。

大根

白かぶ

人参

インゲンは芽が出揃った。

川向こうの畑のエンドウ

胡瓜には小さな実が付いていた

同上

庭では箱根空木の花が咲き始めた

本日、さつま芋苗が届いたので、12日(土)、中伊豆体験農園で植え付ける。種類はシルクスイート25本、べにはるか25本、鳴門金時25本、パープルスイートロード(紫芋)25本。なお、植え付けまでの間、種類ごとに紐で結わいて玄米アミノ酸酵素1000倍希釈液に浸して置く。さつま芋は苗半作。苗の良し悪しで決まる。今回の苗はすべてバイオ苗。
場所が無いので植え付けまで風呂場に保管、換気のためガラス戸を解放した。その間の入浴はゴルフ場で済ませる。



畑の病害虫対策

注文した玄米アミノ酸ニーム酵素1ℓが届いたので、午後から、すべての畑の作物にマニュアル通り500倍希釈液を散布した。本日だけで約32CC も消費した。次は3日後に1000倍希釈液を散布する予定。以降は生育具合を見ながら1週間ごとに行う。なお、このニーム酵素液は主に病害虫対策として使用するのだが、肥料代わりにもなる優れものだ。また、農薬ではないので人畜には全く無害で、安心だ。
なお、胡瓜に早くも3cmほどの実が付いていた。またじゃが芋には、先日、芽掻きしたばかりなのに、早くも花芽が付いていた。うかうかしていられない。
この後も、作業は続く。このところの雨で、畑にかなり雑草が目立ってきたので今日は川向こうの畑の胡瓜、茄子、ミニトマトの畝の草むしりを行った。手作業なのでかなり時間を要した。作業を終えたのはPM5時を過ぎていた。

本日の夕食は赤飯。90切りの前祝い。



top