昨日、東京から伊豆へ戻った

今のところ、武漢肺炎の症状はない。何とか感染せずに済んだかも? でも、安心はできない。春節で伊豆修善寺へ訪れた中国人は少なからずいる。なるべく温泉街へ近寄らないように努めている。中国での感染拡大の時系列から推測すると日本の場合はこれからで、3月中旬以降がヤバイ。注意するに越したことはないと思う。政府やマスコミの言うことを鵜呑みにしないことだ。実態が分からない場合のリスク管理の基本は最悪の事態に備える事。
※ 参考記事
新型肺炎を武漢で真っ先に告発した医師の悲運  12月に警告も、当局から処罰され本人も感染

今日は朝から曇りで時折、薄日が差す程度。例の男の隠家に籠ってネットサーフィンを楽しんだり、ブログ発信をしているところ。

男の隠家 : 此処は殆ど薪材に占められて、一坪にも満たない空間で暇つぶし。まるで「パラサイト 半地下の家族」と同じくらい劣悪な環境です。
薪小屋の前の白梅は満開
川向こうの畑脇の河津桜も満開

暇なので理想と妄想(絵空事とか空想)の違いについてネットで調べた。
我々が何かを実現するためには、
1・理想の状態
2・現実を踏まえてどうしていくかの案
3・具体的な施策
の3つが必要だ。1だけでは何も動かず、2・3があっても実情が伴っていなければうまくいかない。つまり、理想と妄想の違いは、現実的かつ実現可能な具体策が伴っているかに注目する必要がある。ということでした。
僕のシングルへの思いはやっぱり理想ではなく単なる夢物語でした。また、文ちゃんや追従する韓国メディアも、もう少しイボミとかアンソンジュを見習って欲しいなぁ。
アカデミー賞受賞作品「パラサイト(寄生虫)半地下の家族」はなかなか面白いらしい。文ちゃんも大層喜んでいるようだが、彼はこの映画を見たのかなぁ。この映画が今の韓国の悲惨な現実社会をリアルに描いていることを知っているのだろうか? 僕も真似て脚本を書こうかなぁ。題は「薪小屋の田舎ゴルファー」・・・薪作りで身体を鍛えながらシングルを目指すが、100切りさえ実現できず悶え苦しむ老人・・・そこである日、突然、誰にもバレないスコアの誤魔化し方を教わり、ついに70台のスコアを出し、最後は悲惨な結末を迎える。

本日の夕食は毎度お馴染みの牛丼

どうも北がヤバイらしいです???

他国の不幸を喜ぶわけではないが、武漢肺炎といい、やっぱり2020年はかなり異常な年になりそうですね。これも、初場所で優勝された徳勝龍には大変申し訳ないが、事の始まりは彼の幕尻優勝からである。そして、2020年のアカデミー賞が、韓国映画『パラサイト 半地下の家族』に決まった事も全く想定外だった。しかし、これらは単なる序奏に過ぎない。問題はこれからだ。何となく不気味な予感がしてならない。

 

 

高齢者講習無事終了

 調布自動車学校に到着したのは講習開始時刻であるAM9時45分ぎりぎりに到着した。実は最寄りの駅である小田急経堂駅発8時35分発の電車に乗車したら、玉川学園前駅で人身事故が発生。出発まで30分近く遅れた。豪徳寺駅から世田谷線経由で京王線下高井戸駅に到着したのはAM9時15分。そこから柴﨑駅に到着したのはAM9時38分。そこで降車して自動車学校まで早足で向かい、開始時刻にやっと間に合った。受付では僕の到着を待ちかねていたようだった。受講者は15名。講師は3名。でも、実地運転を含め、講習を真っ先に終えた。その代わり全員が講習を終えるまで講習場で待機である。その間、喫煙室で喫煙したり、スマホを弄って時間を潰した。講習者全員が揃ったところで修了書を受領した。
 免許書更新手続きは2月20日~4月20日の間に済ませなければならない。とりあえず、3月頃にやるつもりだ、場所は色々あるが成城警察署が最もフレンドリー。今回もそこでやるつもりだ。


東京からです

 今現在(PM9時)、東京の自宅からブログ発信しているところ。今日は祝日でしたが道路は比較的空いていた。伊豆修善寺をAM11時に出発して、東京自宅にPM1時に到着した。天気も良かった。白妙の富士が丸見えでした。
 明日は、予定通り調布の教習場で高齢者講習です。その翌日は慶応病院へ行ってきます。妻のお供をするだけ。新型コロナウィルスが怖いので電車ではなくタクシーで往復します。どうせ経費で落とせますからね。
 新型コロナウィルスと言えば、ついに死者が1,000人を突破した。東京でもマスクが品薄らしく、自宅近くの薬屋では、おひとり様一枚だけしか販売しない旨の張り紙をしていた。武漢並みですよ。可哀そうなので東京自宅へ60枚入り一箱を献上した。

沢沿いの白梅(月影)はようやく3分咲き : 出発直前に撮影した

株価上昇の要因
FRB資金供給、量的緩和に匹敵 半年で4000億ドル増
要するに金が有り余っているのだ。しかし、おそらく長くは続かないでしょう。僕には、聞こえてくるのだ。祇園精舎のあの不吉な鐘の音が。
 なお、4000億の赤字を出した日本製鉄は買いじゃないか?とアドバイスしたら、そんな金があったら東京エレクトロンを買い増ししたいよと一蹴された。調べたら日本製鉄はそれほど値下がりしていないんだよね。

※FRBについては下記リンク先で見てください。
ドルの実権を握る「FRB」が得ている膨大な利益とは?
やっぱり、世界を牛耳っているのはロスチャイルドなんだね。いつまでのさばらしているんだろうか、何とかならんのかねぇ?

甘夏みかんの収穫

 朝方はやや曇りがちだったが、AM10時頃から晴れ間が広がった。風も出て来たが日差しがあるので外の方が暖かく感じた。
 早速、近隣農家の畑に出向き、予め了解を得ていた甘夏みかんの収穫を行った。場所は川向こうの畑の近くだが、川沿いではなく県道沿いの日当たりの良い場所に位置する。畑といっても鹿除けの柵がないため、最近は放置されたまま。その畑の片隅に高さ3m程の小ぶりな甘夏みかんの樹がある。一昨年から「実は全て収穫してよいから」と言われていたので、今年も好意に甘えた。
 一般的に、甘夏みかんは1月~2月に収穫し、倉庫などで寝かせて酸を抜き熟成させたのちに出荷される。美味しくなる旬は3月から5月頃まで。
 なお、此処の甘夏みかんは消毒薬が全く使用されていないのでママレードも安心して作れる。

畑から橋までは下り坂で楽だったが此処から拙亭まで上り坂なので、此処で一服した。

収穫量はコンテナ一箱分。明日(11日)、残り少なくなった冬みかんと一緒に東京へ持参する。

明日持参する冬みかん

近隣から頂いた生椎茸、これも持参する。

里芋を2株掘り出した。小ぶりだけどこれも持参する。

なお、キャベツ、小かぶ、ホーム玉葱、おでん大根、水菜は明日収穫して持参する。


どうも解せない???

今、薪小屋にこもって、株価の動きをYou Tubeで見ながら、チェンソーの目立てをやっているところだが、暴落するどころか、その逆展開だ。金融大混乱と世界恐慌を期待していたが、真逆だな???。一体どうなっているんでしょうか???

でも、わくわくしますね。何時、大暴落するか???。期待していますよ。


地球最後のニュース(In Deep)から

僕が毎日、目を通しているサイトで面白いニュースありましたので、そのタイトルを紹介します。内容はリンクを張っているので本サイトで見てください。
「アメリカの人工知能が「コロナウイルスの感染者は25億人に達する」と計算する一方で「大した感染症ではない」と楽観する医療従事者者たち。事態はどちらに転ぶ?」

 なお、AIでなくても、中国が正式発表している数値と増加率だけで単純計算すれば、3月1日に死者は3500万人に達する。

 政府のリスクコントロールがあまりにもずさんで情けない。日本人として恥ずかしい。僕は今回の件に関して、昔の話になるが地下鉄サリン事件を思い出した。当時、僕は多摩地域に勤務していたため、直接関与することはなかったが、現場へ最初に駆け付けた消防隊員は空気呼吸器はおろかマスクさえ着用していなかった。僕はこの事件で多くの教訓を学んだ。また、リスクコントロールの重要性についても改めて痛感した。政府は、化学兵器やバイオテロに対してどう対応すればよいのか分からないのではないか?分からなければアメリカに教わればいい。