新型肺炎に注意

 折角の日曜日だというのに、修善寺は朝から雨。薪割も素振りも出来ない。雪になりそうな気配はなかったが、もしものことを考えて、タバコとかアイスクリームなどの生活出需品の買い出しに出掛けた。ついでだからガソリン代やアマゾンで買った書籍代など1ヵ月分のつけも郵便局から支払った。なお、僕がアマゾンで買う商品の殆どは書籍である。読書嫌いだけど、平均して一月、2~3冊は読む。本屋でも買えるのだが、東京と違って徒歩ではいけない場所だし、ガソリン代もバカにならないからね。それから、ラーメン用のチャーシューも買って来た。

アイスを食べながら城卓也ナレーションの夢幻飛行を聴いている。このアイスクリーム、口の中に美しく溶けこんでいきます。

 ところで、国内の新型ウイルス感染者は4人になりましたね。中国では3日前まで17人だったのが今日で56人に増えた。この調子だと益々拡大しそうだ。極めて深刻な状況だ。だから最近は温泉街を努めて避けて通ります。また、温泉街のコンビニへも立ち寄りません。今日も買い出しから戻ると直ぐにビオレで手洗いをして、イソジンでうがいをした。そして、何よりも大事なことは体調を整え、免疫力を低下させないこと。
※ 参考
 
※ 中国語の分かる方は次の動画


※ 私のうがった見方
「風が吹けば桶屋が儲かる」と言うが、コロナが流行れば誰が得するか? それは製薬会社(チャイナ系、或はユダヤ系の多国籍企業)とその手先であるWHOでしょう。ウイルスなど様々な病原菌を培養していますからね。人為的にばらまくことも可能だ。尤も、僕は武田の株を全て売却しましたので、今は片棒を担いではいません。エイザイ株は所有するが、此処は純国内資本なので問題ない。中国にも工場を所有するが蘇州なので湖北州の武漢とは関係ない。但し株価は上昇していますね。医療関連株は暫く上昇傾向が続くかもしれません。世の中には誰かが不幸な目に遭う(損をする)と必ずそれを喜ぶ(得する)奴がいる。悲しいけれど、これが現実だ。
 その他に軍事目的も考えられる。武漢には生物化学研究所が存在すると言われている。ミスか或は習近平に敵対する何者かによるテロもあり得る。まさか。CIAの仕業ではないでしょう。一概にこれだとは言い切れないが、どうも意図的(人為的ミスも含めて)なものを感じます。大事なのは巻き添えを食わないことだ、お互いに注意しましよう。なお、武漢にはホンダの工場もあり日本人も多数います。邦人保護のため即急に危機管理部隊を派遣すべきなのに、政府はいったい何をやっているのだろうか。まさか、習近平に忖度しているわけじゃないだろうなぁ。いずれにしても、リスクコントロールが全然なっていない。情けないですね。

本日の夕食

 武漢には日本人が710名滞在しているが、政府はチャター機を現地に派遣し希望者全員を帰国させると26日になって、やっと発表した。当然の措置だと思う。

薪割

今日は朝から晩まで薪割。途中、息抜きに、川向こうの畑の見回りをした。

昼食は自作ラーメン。今日はラードを使用しなかった。味については、まだ納得していない。

3列目も2mの高さを超えた。

同上(左側)

広場に残っているのは径20㎝以下の丸太。

川向こうの畑 : 左側から小甲、西洋ほうれん草、日本ほうれん草

小甲

赤玉葱

芥川受賞作が届いた。

夕食は焼肉(前回の残り)

やまびこ会

 今日のコースは修善寺CCでした。スタートが早かったため、ホールアウトした時点では、まだ、PM1時前だった。勿論、スループレーではなく、昼食時にはいつもの通り生ビールも飲みましたよ。天気は曇りがちだったが、ジャンパーを脱ぎセーター姿でプレーした。今日に限らず今冬は異常な暖かさです。一月に入ってから今日で五回目のプレーだが、グリーンやティーグランドが凍ったことは一度もなかった。
 スコアですが・・・言いたくないけど106でした。でも最終ホール(アウト9番)ロングホールだけは、全て完璧なショットで3オン2パットのパーとし有終の美を飾った。まぁ。これが僕の本来の実力なのかな???自分を信じています???
 19番ホールはホームセンター脇の中華レストランで行った、僕は生ビールを2杯しか飲まなかった。何しろ、アルコールは免疫力を低下させるというからね。勿論、食事の前には手洗いもしましたよ。なにしろ、新型コロナウイルスによる肺炎が中国で広がる中、修善寺温泉街にも観光客が押し寄せる。この年齢で感染したら終わりだからね。また「君子危うきに近寄らず」だけでなく、出来るだけ体調を整えて免疫力が低下しないように努めるつもりである。明日、イソジンを買ってきて手洗いだけでなくうがいも毎日欠かさず行うつもりだ。
 さて、2月期やまびこ会は28日(金)大熱海CC(AM10時スタート)で決まり。なお、2月期の二粋会は2月19日(水)なので参加可能になった。その代わり13日の同好会は免許更新の高齢者講習(2月12日AM9時45分、調布自動車教習所)のため参加で出来ない。
 

今日は一日中、雨

 AM6時半に起床したが、まだ、外は真っ暗。既に雨が降っていた。薪が勿体ないのでまた寝ることにした。おやすみなさい???
 2度目のお目覚めはAM10時。それもやまびこさんからの電話で。「明日は晴れるらしいので、AM7時15分に迎えに行くから」との内容。コースを聞くのを忘れたけど、まぁ、いいか、ゴルフが出来ればそれでよい。
 予報だと今日は1日中雨らしいので、薪小屋兼男の隠家で過ごすことにした。折角だから先日届いたばかりの本「一瞬に生きる」を読むことにした。元プロ野球選手の小久保裕紀の自叙伝。

薪小屋の内部

昼食も此処で

「一瞬に生きる」このタイトルに惹かれて衝動買いした。なお、今期の芥川賞受賞作「背高泡立草」(古川真人)と直木賞受賞作「熱源」(川越宗一)も発注した。25日過ぎに届くはず。

12年物のスコッチはまだ手付かず

薪小屋で電気ストーブで暖をとる。

 僕の座右の銘も「一瞬に生きる」。小久保氏は、「この瞬間に全神経を集中させて事に当たったか、この瞬間に全てを出し切ったか、このことを常に自分に問いかける。」という。僕の場合は、時間を無駄にしないことかな。この瞬間にボーとしない、下らないことを考えている暇が在ったら今、やるべきことをやる。なかなかその通りにはできないけれど、最近はそれをを心がけている。
 もう一つあります。それは「いいことは絶対に長く続かない、悪いことは何もしなければ何時までも続く」です。これは僕がこれまで歩んできた中で学んだこと。このことについては諸行無常に関連付けて、後日触れてみたいと思う。
 上から目線で一つだけヒントを与えましょう。この世の全ては絶えず変化している。特に時代の変化、環境の変化、自分自身の変化、これに気付くこと、或いは予測することが危機管理(リスク管理)の第一歩です。予測は無理としても、変化していることに気付かない奴ははっきり言って、馬鹿です。僕の場合は老いぼれに気付きながらもそれを認めたくないだけ。だから、「小娘に出来て、この俺に出来ない筈はない」と、依然として250yを目指して息巻いている典型的な馬鹿の見本です。救いようがありません。

 夕方(AM4時頃)雨が止んだので濃い霧の中だったが、明日に備えて、公道脇の広場で素振りをしながらスイングチェックを行った。特にグリーン周りでの寄せを想定し、ハンドファーストを崩さずにクラブを振る練習を行った。明日は兎に角、決断したら失敗を恐れずに思いっきりクラブを振るつもりだ。昨日の二粋会では、失うものが何も無いくせに中途半端なスイングをして失敗した。
 その後、勝手口に床下物置から薪を搬入し、ストーブに火を入れた。当たり前だけど薪ストーブは暖かい。部屋全体が暖かくなるもんね。明日のゴルフの支度も済ませた。キャディーバッグや靴などは、直ぐ取り出せるように薪小屋へ収納した。夕食は昨日の残りで毎度おなじみの牛丼だが、ご飯だけ新たに炊いた。味噌汁はインスタント。

1月期二粋会

 場所はフジ天城GC(旧天城日活)。このコースへは、平素、仲間の送迎に頼っていたが、今日は久しぶりに自車を利用した。
 天気は良く、風もなく暖かった。コース内に点在する白梅は既に満開。また、河津桜は今にも咲かんばかりに蕾を膨らませていた。昨年に比べてかなり早い。暖冬の影響だね。この調子だとソメイヨシノの開花時期もかなり早まりそう。でも、明日からは愚図ついた天気が続きそう。明後日のやまびこ会が心配だ。
 今日は2粋会会長である「柳生の庄」の社長と一緒させて貰った。終始、和気藹々と、時々冗談を交わしながらも楽しくプレー出来た。でも、ゴルフに関しては悩んでいる様子だった、お互いに通じ合えるものを感じた。蛍の季節には是非、女将と一緒に拙亭へ誘うと思っている。なお、女将とは、以前、隣家の紫陽花園の見物に来た際に、話を交わしたことがある。
 ところで肝心のスコアだが、何時もの通りでした。何しろ4オーバー(ダブルパー)が3回もあった。でも、悲観はしていない、徐々にショットが上向いて来た。明後日のやまびこ会は期待できるかも??? なお、2月期の二粋会は高齢者講習と重なるため欠席する。優勝は3月に持ち越しだ。

成績表

賞品は1500円のクオカード。

夕食は毎度お馴染みの牛丼