ヒロちゃんコンペを休んで野良仕事

 今日は曇り時々晴れ。野良仕事は昨日同様、AM8時ジャストに開始した。先ずは棚田の土手の草刈りである。それが済んだら昨日の残りの畝作り。年寄りなので、無理をせず、休みながら作業した。目の前の山の上では、今頃「ヒロちゃんコンペ」が行われているはずと、時々、山の上を恨めしく眺めたりもした。しかし、今は野菜作りの重要な時期であり、ゴルフなんかで遊んでいる暇はない。
 午後からは川向うの畑へ出て、春まき大根、春まきエンドウ、春まきホウレンソウの種を蒔いた。更にブロッコリーとキャベツの防虫ネットを張り直した。勿論、除草と追肥もやった。万田酵素もたっぷり与えた。また、ジャガイモの葉に付いたテントウムシを見つけ次第、捕まえて指で潰した。今日も10匹前後を補殺した。軍手ではなく、素手でやったので指先が黄色に変色した。明日は棚田の畑に春まき人参と蔓無しインゲンの種を蒔く予定だ。後は田植えが済んでからやろう。
 なお、昨日はホームセンターで落花生の苗と一緒に薩摩芋の蔓苗(紅東)を50本買って来た。田植えが終わり一段落したら畑に定着するつもりだ。余り慌てることはない。なお、薩摩芋の栽培は今年も「ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記」を参考にする。このブログの語り口が面白いので、頻繁に訪れて野菜作りの勉強をさせて貰っている。しかし、面白いからって言って、決して間違ったことは書いていない。非常に参考になるのだ。今回もそっくり親父のやり方を真似した。

川向うの畑の様子 : 右側の2列は、春巻き大根中央が春まきエンドウ、左側はほうれん草をそれぞれ種植えした
川向うの畑の様子 : 右側の2列は、春巻き大根、中央が春まきエンドウ、左側はほうれん草。それぞれ種植えした

キャベツの防虫ネットを外し、除草したところ
キャベツの防虫ネットを外し、除草したところ

追肥した後、再度、防虫ネットを施した。
追肥した後、再度、防虫ネットを施した。

本日の収穫、エンドウは初採り、ワラビは必要な分だけ収穫した。ノビルも川沿いの土手に沢山生えていた。
本日の収穫、エンドウは初採り、ワラビも少々収穫した。ノビルも川沿いの土手に沢山生えていた。

落花生と胡瓜の苗
落花生と胡瓜の苗

薩摩芋の蔓苗
薩摩芋の蔓苗

同上 : 水で濡らした新聞紙に包んで風通しの良い床下の物置に保管
同上 : 水で濡らした新聞紙に包んで風通しの良い床下の物置に保管

乾いたら水を含ませる。1週間も経てば葉の付け根から根が伸びて来る、
乾いたら水を含ませる。1週間も経てば葉の付け根から根が伸びて来る、

夕食メニュー
夕食メニュー、エンドウの味噌汁は美味かった。ほうれん草は飽きた。

今日も一日野良仕事

 今日も朝から良い陽気。もう、五月晴れと言ってよいでしょう。川向うの畑へAM8時に出勤し、早速、野良仕事を開始した。年の所為か、なかなか捗らなかった。もたもたしていたら、あっという間に10時である。折角だから例の小屋で一休みした。仕事しなかった割には額に汗が滲んでいた。でも、朝からビールという訳にもいかないのでアイスクリームで我慢した。
 一服してから、ホームセンタへ出かけて防虫ネットの支柱などを調達した。苗売り場を覗いたら落花生の苗があったので4株を衝動買いした。川向うの畑には、なるべく、これまでと違う野菜を植えようと考えていたところだった。バランスも大事だからね。
 午後からは、場所を移し棚田の畑での畝作り。これが意外と時間を要した。先ず苦土石灰を畑全体に撒いて、ミニ耕耘機で耕し、さらに畝の部分に牛糞堆肥を施してから再度、その畝に沿ってミニ耕耘機で耕す。それからクワで畝作りだ。しかも今年度から新たに畑に転用した箇所もだ。PM3時の休憩なしで作業を続けた。でも、予定していた3分の2しか進まなかった。残りは明日に延期することにした。残念だがヒロちゃんコンペは欠席することにした。前回、賞品の伊豆牛をゲットしたばかりであり、毎回じゃ申し訳ないから今回は遠慮するのだ。
 夕方、隣家の友から、棚田の脇のアウトドアセットでバーベキューをやろうとお呼びがかかった。今日の野良仕事を労ってくれた。嬉しかったです。お陰様で疲れがいっぺんに吹っ飛んだ。これだから田舎暮らしは止められない。明日も頑張るぞ!

川向うの畑の様子 : 手前の防虫ネットの中はブロッコリー。狭そうなので再度張り直す予定。
川向うの畑の様子 : 手前の防虫ネットの中はブロッコリー。狭そうなので再度張り直す予定。

同上 : ジャガイモの土寄せを行った。
同上 : ジャガイモの土寄せを行った。テントウムシも10匹以上補殺した

同上 : 防虫ネットの中はキャベツ。そろそろ追肥の時期だ。
同上 : 防虫ネットの中はキャベツ。そろそろ追肥の時期だ。

同上 : 玉葱畑、雑草が目立つ。左側はエンドウ(白花)
同上 : 玉葱畑、雑草が目立つ。左側はエンドウ(白花)

エンドウには既に実が付いていた。
エンドウには既に実が付いていた。

畑脇のボタン桜
畑脇のボタン桜

10時の休憩
10時の休憩
正午頃の拙亭の様子
正午頃の拙亭の様子、私は、どうせ花の咲かない枯れススキ

拙庭のシンボルツリーである桂の樹
拙庭のシンボルツリーである桂の樹

柿の枝越しに向いの山を望む。山の上には伊豆国際CCのコースが広がる。
柿の枝越しに向いの丘を望む。丘を越えれば伊豆国際CC。

今年も野生のエビネランが花を咲かせてくれそう。
今年も野生のエビネランが花を咲かせてくれそう。

今年新たに畑へ転用した棚田の一枚
今年新たに畑へ転用した棚田の一枚

棚田の畑の畝作り
棚田の畑の畝作り

同上
同上

夕暮れの棚田の様子
夕暮れの棚田の様子

風薫る

 今朝も上天気。五月晴れ?暦上は1週間先だが、いよいよ風薫る季節の到来である。庭では鈴蘭の花がちらほらと咲き始めた。アヤメも花芽を伸ばして来た。小屋の前の山藤の花芽が少し色付き始めた。
 今日の予定は夏野菜の準備、川向うの畑の耕作、午後、余裕があれば中伊豆体験農園を訪れ、ジャガイモの芽掻きを考えている。まずは、ホームセンターへ出かけて夏野菜の苗、苦土石灰や有機肥料等の調達だ。

庭の鈴蘭
庭の鈴蘭

アヤメ(ジャーマンアイリス)
アヤメ(ジャーマンアイリス)

同上
同上

山藤の花芽
山藤の花芽

 午前中はホームセンターで夏野菜の苗(大玉トマト3株、茄子4株、胡瓜4株、プリンスメロン4株、オクラ4株)をはじめ、牛糞堆肥や苦土石灰を買った。苗売り場は日曜日とあって、レジには長蛇の列が並び、意外と時間を費やした。拙亭へ戻ったのは正午近かった。昼食はスーパーで買って来た弁当で済ませ、午後からは中伊豆体験農園へ出掛け、ジャガイモの芽掻きを行った。なお、黒豆の植え時についてゴルフ仲間でもある管理人に尋ねたら、6月が最適だと教わった。また、直接、畑に種植するのではなくポット植えして、ある程度、育苗してから畑に定着するのだという。その際、芯止めすることもポイントだという。大いに勉強になった。農園から戻る途中、農協の直販所に寄り、ゴーヤ苗5株と南瓜苗3株を買った。
 これらの苗は取りあえず育苗箱で1週間ほど保管してから畑へ定着する予定である。その間、畑では苦土石灰と牛糞堆肥を鋤き込んでおく。畑に定着後、第2段目以降の苗については育苗箱で種から或は挿し木で育成するつもりだ。野菜作りもゴルフと同様に難しいがやりがいもある。
農園の畑の様子。手前の空いている箇所には薩摩芋を植えようと思う。
農園の畑の様子。手前の空いている箇所には薩摩芋を植えようと思う。

ジャガイモの芽掻き後、土寄せした。
ジャガイモの芽掻き後、土寄せした。

やはり玉葱の育ち具合は芳しくないが、このまま成行きに任せるしかないだろう。
玉葱の育ち具合は芳しくないが、このまま成行きに任せるしかないだろう。

本日調達した苗。
本日調達した苗。

この状態で暫く保管する。
この状態で暫く保管する。

本日の収穫。等は立っているが一株でこれだけの大きさに育ったのは万田酵素の効果である。
本日の収穫。等は立っているが一株でこれだけの大きさに育ったのは万田酵素の効果かも知れない。

本日の夕食
本日の夕食

田舎暮らし再開

 東京から正午過ぎに拙亭へ戻った、土曜日とあってか、厚木まではかなり渋滞していたが、その先は比較的スムーズだった。今日も途中のアピタへ寄りケンタッキーのフライドチキンを買って来た。例の離れで昼食をフライドチキンで済ませると、棚田の畑へ出て里いもと生姜を植え、更に蔓有りインゲン、時なし人参、ラディッシュ、白カブの種を蒔いた。明日は夏野菜を予定している箇所に石灰や堆肥を鋤き込む予定である。 一方、田圃では既に水が入り代掻きが行われた。早速、蛙が彼方此方で鳴いていた。
 季節は巡り、一週間後は、夏も近づく八十八夜である。何故か歳を重ねると時の移り変わりのペースが段々と速くなっていくような気がしてならない。ついて行くのがやっとだ。今日はゆっくり疲れを取り明日の野良仕事に備えよう。
 ゴルフなんかやっている暇はないのだが、来週火曜日は恒例のヒロちゃんコンペだ。師匠から余り無理をするなと言われているし、どうするかなぁ?
 なお、修善寺CCからメンバーの追加募集の案内が届いた。此処の魅力は年一回、往年の女子プロ(昨年は三十名参加)と一緒にプレー出来るプロアマ大会が開催される。小田美紀、生駒佳代子、服部道子等々、懐かしい顔ぶれが揃う。さらに静岡県内の男子プロ三十名が参加する修善寺オープンにも参加できる。勿論、その際にはメンバーがパトロンを務めることになる。
 しかし、既に伊豆国際CCのメンバーとして活動しており、月例を含めると最低月3回は其処でプレーする。更に修善寺CCのメンバーになれば身体が持つかどうかが不安だ。目下、どうするか散々、迷っているところだ。

フライドチキンと娘夫婦から貰った米国産のデコポン。伊豆の不知火より美味い。TPPで関税撤廃されると伊豆産は全滅だ。
フライドチキンと娘夫婦から貰った米国産のデコポン。伊豆の不知火より美味い。TPPで関税撤廃されると伊豆産は間違いなく全滅だ。

代掻きが終わった。
代掻きが終わった。

棚田の畑
棚田の畑

手前の畑に加えて、更にその向こうの田1枚も畑として使うことになった。
手前の畑に加えて、更にその向こうの田1枚も畑として使うことになった。

小屋の前の山藤の花は、きっと田植えの頃には開花するでしょう。
小屋の前の山藤の花は、きっと田植えの頃には開花するでしょう。

同上
同上

山藤の花と山つつじの花のコラボレーションが楽しみだ。
山藤の花と山つつじの花のコラボレーションが楽しみだ。

同上
同上

修善寺CCのプロアマ大会
修善寺CCのプロアマ大会

野良仕事を終えたのは夕方の6時だつたので飯炊きは出来なかった。
野良仕事を終えたのは夕方の6時だつたので飯炊きは出来なかった。

 

東京へ帰ります

 今朝は6時ジャストに目が覚めた。既に日が昇り、気持ちの良い朝を迎えた。早速、田畑を見回った。棚田では、我が田圃に水が入った。一番水だ。いよいよ田植えが間近に迫って来た。今年は米作りが例年通り2枚、畑へ転用は更に一枚加わり2枚になった。身体が持つかな?
 川向うの畑では、今のところ、ジャガイモや玉葱が順調に育っていた。エンドウも花が咲いていた。雑草も育ちがいいですね。
 今日は、午前中に東京へ出発する。手ぶらでという訳にもいかないので近くで筍やワラビなどの山菜を収穫して持参することにした。昨日、先生から頂いたテングサも勿体ないけれど持参する。まぁ、また催促するつもりだ。そろそろ支度をしなくちゃ。

今朝、水が入りました。
今朝、水が入りました。

此処も畑として使わしてもらう。黒大豆の枝豆を育てる。
此処も畑として使わしてもらう。黒大豆の枝豆を育てる。

男爵が15株、北海コガネが5株
男爵が25株、北海コガネが5株

エンドウの花
エンドウの花

同上
同上

畑脇のボタン桜が綺麗
畑脇のボタン桜が綺麗

お土産、育苗箱の生姜はさっぱり芽が出てこない。里芋は芽が出てきたので、東京から戻ったら棚田の畑へ移植する。
お土産、育苗箱の生姜はさっぱり芽が出てこない。里芋は芽が出てきたので、東京から戻ったら棚田の畑へ移植する。