仕事始め

今日も朝から(AM6時50分)みかんもぎのお手伝い。天気は曇り時々晴れで、すっきりしない天気でした。なお、今日のお手伝いは僕だけ。黙々と仕事をした。
朝の内、富士山は殆ど雲に覆われていたが、PM4時半頃、仕事を終え、ふと富士の方向に目をやると夕日に赤く染まった富士の雄姿を望むことが出来た。明日は晴れかな?
そんな訳で、恒例の箱根駅伝往路は残念ながら視聴できなかった。雨が降らない限り、明日の復路も見られないなぁ! 「えっ、明日も来てくれるの?」というから「もちろんだよ」と答えたら、「嬉しい」と言って大層、喜んでくれた。但し、明後日の4日は用事(洗濯等の家事、薪割もあるしね)があるからと、お手伝いを休む旨、伝えた。又、5日、6日は手伝いに来るが、6日が最後となる事も伝えた。

※ スマホを拙亭に置き忘れちゃったので画像はなし。


梅干を毎日食べよう

元気の源

右側が梅酢、中央が梅酒、左側が梅干。この梅酒は飲みきれないので10日に東京へ持参する。何しろ山桃酒がまだ4ℓほど残っているのだ。また、床下の冷凍庫には冷凍梅がまだ5㌔もある。全部、梅ジュースにするつもりだ。なお、梅酢は色々な用途に使えそうだが、取り合えず、今年の梅干作りに用いる予定、

ついでだから、山桃酒も見せびらかします。これを娘夫婦から貰ったサイダーで割って飲むと最高です。なお、この他に不老長寿の酒と言われている大スズメバチ酒もありますよ。(画像は刺激が強すぎるので掲載しません。)作るのは命がけですが、それなりの効能もあるそうです

慶祥麗春

 明けましておめでとうございます。僕は今のこの一瞬を楽しく過ごせればよいと思っているので、明日以降の事については、予定はあるが、希望、願望はありません。
 今年も村の鎮守様で初参り。皆で参拝を済ませて御神酒を頂き、その場で初日の出を待ったが、今朝は生憎の曇り空のため、残念ながら初日の出は拝めなかった。その後は近くの道路端で新年会を兼ねてバーベキュー。お酒を飲みながら猪鍋やホルモン、鹿肉の焼肉に舌鼓を打った。AM10時半までやった。
 拙亭へ戻り昼過ぎまでベッドに横になり一寝入りした。午後から雲間から青空が覗き、日も差してきた。暇なので薪小屋にこもってネットでウィーン・フィル ニューイヤーコンサート2020(NHK-FM)を聴きながら薪作りに勤しんだ。 
 夕方PM5時に薪割を切り上げて、母屋に戻り雑煮の支度をした。

具は大根、里芋、小松菜。汁はめんつゆ+白だし。餅は黒米餅。沢に自生するせりも添えた。